ンガダ(フローレス島) | Ngada ( Flores )


ンガダ Ngada はフローレス島中部の民族で、1986年当時は東のエンデ Ende 県と西のマンガライ Manggarai 県にはさまれたンガダ Ngada 県を構成していた。2007年以降、東のナゲケオ Nagekeo (本来 Nage と Keo は異なる慣習をもつ社会)は独立の県とされたものの、集落や家屋の形式はこの地域全体で非常によく似ている。ただし、ンガダ県でも北部の Riung 地方はンガダ文化の圏外にある。
ンガダはもともと民族的なアイデンティティーをもった集団にあたえられた名前ではなかった。Bajawa 地方を中心とする大クラン(Woe という) "Ngadha" の通婚範囲(現在の5市にまたがる)にみられる特有の文化をンガダと呼ぶ。その文化の特徴は、祖先祭祀 Reba をおこない、そのための施設である Ngadhu や Bhaga を集落内にもつことにある。

ンガダの社会を特徴づけるのは、系譜も相続も女性をもとにした母系社会であることだろう。


しばらくおまちください
データ整理のために製作&公開しています。
写真にマウスをかざすと拡大されます。
完成まで気長におまちください。


Sa'o の平面(方位名称は要確認)

NGADA

BENA 1986
Ngada
1986年当時、教育文化省による保存地区に指定されていた村は東ヌサトゥンガラ州に3カ所あった。Benaはそのうちのひとつ(ただし保存対象は巨石複合)
↓ 2004年の状況
Ngada
Ngada
↑ 2004年 村へのアクセス路が整備され、すべての建物が伝統的な Sa'o Meze (大きな家)にあらためられた。屋根の葺替えで棟の高さは著しく誇張されている。観光対策もほどほどに!
↓ 1986年
Ngada
Ngada
集落内には巨石記念物とならんで家形の祀堂 Bhaga がある
Ngada
傘のような NgadhuBhaga とならぶ祖先祭祀の場
Ngada
クラン woe のなかでもリーダー格の家 saka は始祖を象徴する飾りを屋根の棟にのせる。氏族の中心家屋として祭祀をになっている
Ngada
家の雛形をかざる saka pu'upu'u は根元の意)は女性を象徴する
Ngada
始祖の女性を祀る bhagasaka pu'u に対応している
Ngada
建物完成後に山側につけられる棟飾り
Ngada
bhaga は家屋 sa'o のアナロジー。入口(写真右)の右手に炉がある
Ngada
Ngada
人形をかざる saka lobolobo は先端の意)は男性の象徴
Ngada
人形の手にした刀と槍は ngadhu の屋根にもある
Ngada
saka lobo に対応する傘状の ngadhu は始祖の男性を祀る
Ngada
ngadhu の実体は二叉状の供犠柱 peo
Ngada
伝統的な Sa'o Meze(大きな家) は3つの部分からなる。開放的な竹床のベランダ Teda Bheja、屋内のベランダ Teda One と、そして家屋本体 One
Ngada
Ngada
Teda Bheja は家屋前面にとりつくベランダで、客をむかえ、日中の居場所となる
Ngada
Teda One への入口
Ngada
Teda OneTeda BhejaOne をつなぐ
Ngada
アプローチの階段 kawa pere の左右に立つ柱 ata tangi は家をまもる始祖の象徴
Ngada
Ngada
One Sa'o は板壁でできた箱のような構造。入口横に炉 lapu がある
Ngada
壁板はつねに一面7枚ずつで、全体では28枚
Ngada
クランの中心家屋 saka には、祖先伝来の家宝(掘り棒 su'a sa'o や剣 sau ga'e 、槍など)が安置される
Ngada
Ngada
Ngada
屋根に葺くチガヤは屋根の横桟に折り返してゆくだけ

NAGE

BOAWAE 1986
Nagekeo
peo と王の家。
二叉状の記念柱は東南アジアにひろがる巨石文化の産物と考えられてきた。建設には祭宴をともない、hebu の木(ngadhu 同様)を根付きのまま植えた

SO'A 1986
Nagekeo
peo
Kam. Tiwu, Desa Masumeli
Nagekeo
Nagekeo
Nagekeo
儀礼執行者の座る位置 mataraga に家宝の剣、槍を掛ける rugu-raga がみえる
Nagekeo
外壁の彫刻には赤い粘土を使った彩色。このために特別な儀礼がある
Nagekeo
石柱の peo
Kam. Borowa, Desa Masumeli

RENDU

TUTUBHADA 1986
Kec. Aesesa Selatan
Nagekeo
首長の家を中心に22棟の家が平行にならぶ
Nagekeo
首長の家と石の立柱。石柱の下には村の始祖が眠る。
Nagekeo
Nagekeo
首長の家の入口をかざる男女の祖先像。キリストの教えにしたがって着衣像にあらためられたという
Nagekeo
家屋の空間構成はンガダと共通する。正面のベランダ Padha は腰掛け場。簡単な接客をここでおこなう
Nagekeo
ベランダにつづく Teda は男の空間
Nagekeo
Nagekeo
屋内 Tolo は女の空間
Nagekeo
入口右手に炉がある。炉端からたちあがる柱 duke の足元に供物台 lipi がある
Nagekeo
供物台 lipi
Nagekeo
TedaTolo を仕切る壁上から2本の棟持柱 madu がたちあがる
Nagekeo
ロンタルヤシを丸めた sorelobe にご飯、肉、ヤシ酒をいれて棟持柱にくくりつける
Nagekeo
Nagekeo
Nagekeo
船をおもわせる独特の棟飾りを mango dadho 勇者の腰掛けとよぶ。村同士の戦争にかかわる伝承をもとに、鷹が翼をひろげた姿にたとえられる

KEO

WITU ROMBA UA 1986
Kec. Keo Tengah
Nagekeo
二叉状の供犠柱 peoMadhu
Nagekeo
Nagekeo
Nagekeo
空間構成はンガダと共通する
Nagekeo
Nagekeo
規模は Lio の家屋とならぶほど大きいが、構造は改変が多く原形はよくわからない

RIUNG

WANGKA 1986
Ngada
Ngada
Ngada


フィールドノート

Population 245 864 : The Ngadha people of Ngada district are also called Rokka or Rokanese. The district is located in the southern and central parts of Flores, around the Inerie volcano and on the Bajawa plateau. Agriculture is the dominating source of income, and farmers cultivate corn, millet, and vegetables. Vanilla has been one of the most profitable crops in recent years. Some areas are also suitable for terraced rice fields. om_universitetet

The name (Ngada) was taken from one of the seven big clans which, according to a myth, once undertook a long journey from mainland Southeast Asia and came to settle on this particular stretch of coast. However, the Ngada people did not use this name for themselves.
Each sub-clan consists of three lineages related hierarchically, each of which possesses particular ritual titles. Each of these lineages is comprised of a female and a male half, thus forming six different lineages. The highestranking title is called saka and is divided into saka pu’u, the female component, and saka lobo, the male component. Pu’u means trunk or source, and refers to the idea that women are the source of everything and that human life originates from the female body. Lobo is the tip, the offspring, the younger one. The lower titles are kaka and dai, split into a binary pair: kaka pu’u and kaka lobo and dai pu’u and dai lobo. Kaka and dai are classified as followers or younger siblings of saka.
Membership in a clan, a lineage, or a house is always determined through the uterine (maternal) line. Genealogical continuity is transmitted only through women. [Schröter 2005]
Red cocks and black hens

Dalam Su’i Uwi juga menjelaskan bahwa leluhur orang Ngadha juga merupakan para pelaut yang cukup tangguh sehingga dalam proses migrasi mereka selalu menggunakan perahu dari satu pulau ke pulau lain..... Daerah yang bersangkutan adalah India (pu’u Zili Giu pu’u Zili Tana India) sebagai tempat asal, Zealand (Selo One), Cina, Malaka (se’a gha Maza Tana Malaka), Jawa, Sumbawa (Raba), Sumba (Wio) dan sampai pada pendaratan di Ota Roja (Pulau Flores). warikeo.blogspot

To the new generation the elders teach every thing inherited to their social life; each name of ancestor that symbolized in Ngadhu (male ancestor) and Bhaga (female ancestor), each Sao Meze and and the member of each from the old generation up to now. REBA FESTIVAL

The yearly reba-cycle starts in Bena on 26 December and then continues to other villages. Other rituals in connection to the agricultural cycle are held as well: the zoa-planting ritual in September or October, and the keti kua ritual in April or May. Flores Island Online Information



IFUGAO
Ifugao (Luzon)
LIO
Lio:リオの家屋とは規模が異なるが、ともに竪板壁でできた木の箱を柱(床束)の上に持ち上げた構造。


kaju hebu : ナンバンサイカチ。マメ科カッシア属の半落葉性高木。聖木として供犠柱 peoNgadhu にもちいられる。 [Cassia fistula]

kaju nara : インドカリン[Pterocarpus indicus]
ロティ島 | Roti


Riung






©minpaku digital archives : 3D drawing of MAYA by Takayuki Sui @ espa
NGADA HOUSE Sa'o Kaka
Bena, Desa Tiwuriwu, Kecamatan Aimere, Kab.Ngada, NTT, Indonesia




[文献]