カロ・バタック | Batak Karo




しばらくおまちください
データ整理のために製作&公開しています。
写真にマウスをかざすと拡大されます。
完成まで気長におまちください。

Karo Batak
家屋 rumah [Brenner 1894]
Karo Batak
納骨堂 geriten [Volz 1899]






Panorama View of the Inside Batak Karo House
Dokan, 2010. 3. 3


Rumahの平面構成
CINGKES 1990
Batak Karo
Batak Karo
家屋は川上、川下(東、西に合致する)に棟を向ける。正面は川下(「木の根」にたとえられる)側にある
Batak Karo
ひとつの家屋には8家族が共同で住む。この家の長の部屋はつねに川下側にある
Batak Karo
Batak Karo
家屋の両妻側には露台 ture' がとりつく
Batak Karo
壁板をijuk縄で固定する。ヤモリの装飾 pengeret-ret は家の守り神 beraspati と考えられている
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
前後の扉をむすぶ通路 labah をはさんで左右に2カ所ずつの炉 dapor がある
Batak Karo
それぞれの炉 dapor をはさんで家族の領域 jabu がある。家屋は8つの jabu にわかれている
Batak Karo
炉棚 para は魚やトーモロコシなどの食物の保管に
Batak Karo
jabu には間仕切りがない。側壁にそって寝所 ingan medem がある
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
共同の米搗場lesung
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
2011年には最後の1棟にのこっていた老人も亡くなり、家屋は倒壊寸前↑↓
Batak Karo

LINGGA 1990
アクセスがよいため観光向けの開発整備をされつつあった
Batak Karo
Batak Karo

DOKAN 2011
2010年現在、観光村になっている Lingga をのぞけば唯一カロ・バタックの伝統的生活様式が垣間見える集落。5棟の慣習家屋が残る。いっぽうで、家屋の建設にかかわった8家族の子孫はもはや当該家屋にいない。みな戸建て住宅に移り住み、現在の居住者は部屋ごとの間借り人(年間50,000rpと少額だが家屋にかんする権利がない)、いわば貧困層向けの賃貸アパートになっている
Batak Karo
Batak Karo
Sendi 家は村でもっとも由緒ある家といわれる
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo
一段高くなった壁際の寝所は米をしまう米櫃 pilatas になっている
Batak Karo
3本の棟持柱 tunjuk langit が屋根をささえる
Batak Karo
Batak Karo
Tengah 家は井籠組の床構造をもつ
Batak Karo
井籠組を sangka manuk(鶏の囲い)とよび、ふるい構造形式と考えられている
Batak Karo
小屋組構造も他の家屋とは異なる。棟持柱 tunjuk langit をうける梁 kite kucing(ネコの橋)が桁行方向にわたされている。床中央の通路 laba を作る梁 danggulan が同じく桁行方向にあることから、この構造形式が祖型かもしれない
Batak Karo
Ketek 家には炉が2カ所しかない。4家族が居住する最小住宅。
Batak Karo

PEMATANG PURBA 1990
シマルングン・バタックの建築を唯一現在につたえる野外民家博物館
Batak Karo
Batak Karo
Batak Karo

Karo
1990 Cingkes

The Karo Batak distinguish five beraspati. These are Beraspati Taneh (deity of the earth), Beraspati Lau (deity of the water), Beraspati Kerangan (deity of the forest), Beraspati Kabang (deity of those that fly), and Beraspati Rumah (deity of the house). Although there is a similarity between this term beraspati and the banaspati of Java and Bali, the latter refers to a forest spirit that later gained an evil reputation. In India, Vanaspati is the "Lord of the Forest," referring to a large tree. This same idea is found in Bali, where a shrine to him is located underneath a very large banyan tree (Ficus benjamina) located on the outer square of a temple. [Goes, Beatriz van der 1997] the concept of female spirits and the movement of fertility in Karo Batak culture



1931年パリ万博の東インド館。設計は P.A.J.Mooyen & W.J.G.Zweedijk。前庭にはカロ・バタックの建物が移築?された。[Bouwbedrijf 1931]

東インド館設計のモデルとなったのはカロの王宮、、、wait。Mooyen らの設計では、これにバリ、スンダ、ミナンカバウ風の味付けがされている。


Pematang Purba, 54 km from Pematangsiantar, is a village in northern Sumatra where the restored tribal houses of the Simalungan Batak chiefs are located. These tribal houses are now a museum. The word "Purba" is the name of the dynasty. Asia Explorers

Perkembangan Arsitektur Tradisional Suku Batak Karo

asianodyssey photo

Lingga




Buluh Belin : 太く肉厚の竹。幹に白い斑ができる。屋外のベランダ床や構造材として利用。


Buluh Belangkai : 小枝が多く、肉薄で直材がとれる。ひしぎ竹 salimar や割竹のスノコをつくる。6等分して表皮を編みアンペラ壁にする。


Buluh Regen : 肉厚であまり直材がない。節間広く、節に柔毛がある。タルキにも使用。




pengkih : 黒く重い木で、カロの領域全体でひろく利用されている。柱、梁など建物の軸組に丸太のまま使う。かつて電柱はこの木を利用していた。[]
Sifat Fisis dan Keawetan Alami Kayu Pengkih...


ingul : 軽く割りやすいので板材や棟木に利用する。[Toona sureni] トバ | Toba


martelu : pengkih より軽い特徴を生かして床板や横架材として利用。[]




©minpaku digital archives : 3D drawing by Takayuki Sui & Kazuaki Kitabatake
Rumah Adat 'Rumah Cikala'
Cingkes, Kec. Dolok Silau, Kab. Simalungun, Sumatra Utara (1990)

[文献]

Karo Karo Karo