ジャワ | Jawa

 家屋は人が住むためにあるのか、といわれれば、答えはそれほど簡単ではない。王宮を王の住まいと言うのははなはだ中途半端な定義になるだろう。家屋が王宮を雛形にして建てられているとしたら?

©minpaku digital archives : 3D movie by Takayuki Sui @ espa

しばらくおまちください
データ整理のために製作&公開しています。
写真にマウスをかざすと拡大されます。
完成まで気長におまちください。


Jawa の貴族住宅 Omah Joglo 平面

Panorama View of the Inside Javanese "Pendopo"

Panorama View of the Inside Javanese "Dalem"



omakedesu.....

Panorama View of Candi Borobudur

CENTRAL JAWA

Jawa
Joglo屋根をもつジャワ家屋 1930年頃 Tropenmuseum
KOTA GEDE 1991
Jawa
Pendopo、Peringgitan、Dalemの3棟で構成されるJawaの貴族住宅
Jawa
Pendopo は壁のない広間。男性客用の接客、会議の場で、舞踊、影絵芝居などの催しがおこなわれる
Jawa
建物をささえる4本の主柱 soko guru
Jawa
主柱のうえには迫り出しの梁構造 tumpang sari がのる
Jawa
屋根の突き出した家屋形式を joglo といい、上層階級だけにゆるされていた
Jawa
屋根内部。 tumpang sari で構成された山形の天井裏がみえる
Jawa
彫刻、彩色された Dalem の tumpang sari
Jawa
屋外のPendopo と 屋内のDalem をつなぐベランダ Peringgitan
Jawa
Peringgitan は車止めの役割もはたした
Jawa
Peringgitan から Dalem への入口
Jawa
Dalem は家族の儀礼的生活の舞台
Jawa
Dalem の奥は3つの小部屋 Senthong Kiwo (奥からみて左の部屋)、Sentong Tengah (中央)、 Sentong Tengen (右の部屋)にわかれている
Jawa
中央の Sentong Tengah は稲米を収納し、稲の女神 Dewi Sri を祀る部屋。貴族住宅ではここに特別な設いがされている
Jawa
Jawa
Dalem にも Pendopo とおなじ4本柱の軸組構造がある
Jawa
Peringgitan への出口をみる
Jawa
Dalem の裏には炊事棟 Pawon が付属する
Jawa
吹放ちの台所
Jawa
調理場
Jawa
Sentong の裏に隣接する Gandok
Jawa
Dalem の側面にとりつくベランダ。日常生活は Dalem の外でいとなまれる

EAST JAWA

Jawa
切妻屋根 Kampung (本来は農村の意味で農家の屋根) の平側に庇を追加した屋根を Kampung Srotongan という
OSING 2016
Jawa
Jawa
Jawa
Jawa
Jawa
Jawa




1991 Kotagede, Central Jawa


Filosofi Rumah Tradisional Jawa

KROBONGAN RUANG SAKRAL RUMAH TRADISI JAWA

KONSEP RUANG TRADISIONAL JAWA

TATA RUANG RUMAH BANGSAWAN YOGYAKARTA

Kegelisahan Arsitektur Jawa



JAWA
ジャワでもかつては床をもうけていた Candi Jago 13-14C

JAWA
ジャワの家屋も高床だった?
In some of the interior villages the houses are built with special reference to the ravages of the tigers. They are placed on posts twelve or fifteen feet high, a ladder leading up to a landing which is inclosed by a strong fence and a gate. The natives keep hens, and except for the tigers, would have dogs. The ordi- nary dwellings of the people are built of a rough frame of timber, thatched with grass or palm leaves, and with walls and partitions of split bamboo. ["Panorama of Nations" 1892]

MADURA
MADURA
棟のあがった家屋はマドゥラ島にもある Madura 1991 マドゥラ | Madura

SUMBA
SUMBA
スンバ島の家屋では、建設の途中で高床のないプンドポ状の建物が出現する スンバ | Sumba

Baduy
ジャワの農家の屋根である Kampung Srotong は西ジャワでは Julang Ngapak という バドゥイ | Baduy



JAWA
スラカルタ王家のプンドポ。宮殿は1745年の創建、1985年に漏電による火災のために半数以上の建物が焼失した。現場にかけつけた消防車は、宮殿正面の神聖な門をこわすことをおそれ、ここを通過できなかったという。現在のプンドポは火災後の再建。
Pendopo Ageng Sasonosewoko, Karaton Surakarta Hadiningrat (Kraton Kasunanan), Solo 1989
JAWA
中央に建つ4本の柱は soko guru と呼ばれ、プンドポの神聖な空間を象徴する。
JAWA
マンクヌガラ宮殿のプンドポでおこなわれたレセプションのようす。宮殿の創建は1757年、プンドポ(建設は1810年?要確認)は基壇の間口51.6m、奥行62.5m、高さ16.7m、主柱 soko guru の高さだけで10.5mに達するインドネシア最大のもの。公式な接客のための空間で、ガムラン演奏や踊りがプンドポで上演される。
Pendopo Ageng, Puro Mangkunagaran, Solo 1989


JAWA
プンドポがジャワ建築の象徴にまでなったのは、インドネシア生まれの建築家 Thomas KARSTEN (1885-1945) の活躍に負うところが大きい。1917-1920年、マンクヌガラ宮殿の増築に際して KARSTEN の設計した小プンドポは、4本のソコ・グルを小屋束にとどめ、内部に柱のない8角形の広間を実現している
Pendapa Pura Mangkunegaran 1989
JAWA
1873年に竣工した KARSTEN 設計のソロ駅。
Stasiun Solo Balapan 1989
JAWA
Karsten
KARSTEN によるジャワの民衆劇場案(1919)。["Djawa" 1921]
Thomas Karsten (1885-1945): Arsitek gedung Sobokartti
JAWA
ソノブドヨ博物館(1935)では、欧風住宅をもとに玄関ホールにプンドポをくわえてジャワ風の博物館をつくりだした
Museum Sonobudoyo, Yogyakarta 1991


JAWA
1985年にオープンしたジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港にもプンドポのデザインは踏襲されている


JAWA
Sentong TengahKrobongan ともいう)の様式的な設い。ベッドの上に枕と抱き枕をおき、男女の人形や器物をそのまえに飾る。
National Museum, Jakarta



jati チーク。ジャワの伝統建築は jati にはじまり jati に終わる。もっとも神格化され、その選定、伐採、利用について慣習的な知識の蓄積は膨大。細かな加工が容易で、商業材のなかではつねに最高ランクにおかれるため、各地で在来の木材を駆逐して植林されている悪しき側面もある。ただし、材の良し悪しは生育環境に大きく左右される。sirap屋根の材料としても利用された [Tectona grandis]










©minpaku digital archives : 3D drawing of MAYA by Takayuki Sui @ espa
"OMAH JOGLO", Kel. Prenggan, Kec. Kotagede, Daerah Istimewa Yogyakarta, Indonesia (1991)

[文献]