バリ | Bali

これはダミーです。これはダミーです。これはダミーです。これはダミーです。これはダミーです。これはダミーです。
 ヒンドゥー・ジャワ文化はマジャパヒト時代にバリ島にも伝えられている。その受容の程度によって、バリ島にはバリ・アガ人とバリ・マジャパヒト人のふたつの社会がうまれたとされている。バリ・アガ人はヒンドゥー・ジャワ文化の影響をほとんど受けなかった人びとで、ときにはバリ・マジャパヒト人に先行するバリ島の先住民族とみなされることもある。多くは近年まで交通の便の悪い山間の僻地に居住していた。


バリ家屋 Uma の平面, Sukawati

 それに対して、バリ・マジャパヒト人は平地に居住するふつうのバリ人のことで、その住まいはバリの家屋としてよく知られる観念にもとづいて建設されている。つまり、ロンタル文書にさだめられた規則にしたがいながら、塀で囲われた屋敷地のなかに、機能のことなる数棟の独立した建物を建てるのである。

 こうして建てられるバリ・ヒンドゥー人の住まいとバリ・アガ人の住居のあいだの距離を推しはかることができれば、ヒンドゥー・ジャワ以前の建築文化の実態はおのずからあきらかになるだろう。

トルニャン Terunyan

バリ島の北東部、バトゥール山の火口にできた湖であるバトゥール湖の湖畔に、バリ・アガ人の住むトルニャン村がある。トルニャンの家屋ウマーは、屋敷を構える平地バリの住宅様式とはことなり、ロンボック島ササック族のバレに似た単棟の建物である。石積みの壁が周囲を覆っているために、石造建築のようにみえるが、木造の軸組をもった純粋な木造建築なのである。


Terunyan の家屋 Umah の平面

 屋内のひろさはわずか一〇畳程度しかないけれども、そのコンパクトななかにかれらの宇宙が詰めこまれている。
 屋内には、土間のままにのこされたナターと、後ろ半分の床をはったダンベンがある。扉の前に残された小さな土間空間をはさんで、(奥からみて)左側に調理場のパワンがある。パウォンは別棟の炊事屋をあらわす言葉としてバリ島じゅうで使われている。トルニャンの住居でも、パワンにはカマドがあり水甕が置かれている。パワンに対面する右側には棚がつくられ、食器や食物の置き場になっている。床をはったダンベンもやはり中央の間をはさんで三分され、(奥からみて)右側を「東のダンベン」、左側を「西のダンベン」という。現実にはむしろ北にちかい「東のダンベン」を「東」と呼ばねばならないのは、つぎのようなトルニャンの方位観のせいである。
 バリ島にもロンボク島とおなじように、海と陸(山)の方向にもとづく方位観が発達している。そのためバリ島南岸で南(海)をさす「クロッド」と北(陸/山)をさす「カジャ」は、北岸では逆転する。もっとも、これは実際には土地の高低(川の流れ)にもとづく観念のため、トルニャンでは海のかわりに湖が「クロッド」の方位を規定する。ところがこうして得られた方位軸は、かならずしも東西軸と直行するとはかぎらない。それでも、トルニャンの家屋はいつも正面をクロッドに向けねばならないため、これと直行する右左の軸は必然的に東西にならざるをえないのである。
 ササック族の住居では右側にもっとも重要な空間がつくられていた。トルニャンでも右側にある「東のダンベン」には、スサロンという一段高い神聖な寝床がしつらえてある。この寝床はふだん使用されず、婚儀をすませた夫婦だけがここで寝ることができた。「中央のダンベン」の背後の壁には天井ちかくに祖先の供物台ランガタンがあり、「中央のダンベン」はそのための礼拝や接客用にあけておかねばならなかったので、ふつう家族は「西のダンベン」のせまい空間をいっぱいに利用して眠った。
 家屋の空間はこれがすべてではない。もっとも重要であるべき空間は、じつは屋根裏にあった。この空間はトルニャンではトゥクッブとよばれ、トーモロコシやタマネギなどが置いてあるだけの物置きになりさがってしまったが、本来は祖先伝来の家宝や貴重な財産をしまう神聖な空間であり、家長(男)だけがこの空間にのぼる資格を有していた。トルニャン村にはいまも集落内に穀倉がなく、むかしは各家のトゥクッブにコメを収納したのだという。

トゥガナン Tenganan

住居の屋根裏にコメをしまうということは、穀倉の下に住んでいたということである。トルニャンの家屋では、建築構造的にもすでに不明瞭になっているけれども、穀倉の下に住まうのはそれほど奇異なことではなかった。高床穀倉の下にテラスを設け、そこをブルガのような集会場や作業場として使うのは、ひろくみられる穀倉の用途だった。さらにこのテラスを壁で囲ってしまえば、住居になるのはあと一歩である。
 おなじバリ・アガ人といわれるトゥガナン村には、そうした穀倉の例をみることができる。バリ島東部のトゥガナンの集落は、中央をとおる広場の両側に各家の屋敷がならび、広場には高床の集会場と村共同の穀倉が建てられている。この穀倉の屋根はササック族のゲレンに似た切妻(入母屋)形で、バリ・マジャパヒト人の建てる典型的な砲弾形の穀倉とはことなっている。


Tenganan の家屋平面

 広場に沿ってならんだ住居は、トルニャンのような単棟ではなく、短冊形に地割りされた敷地を塀で囲い、そのなかに複数の建物を建てている。これはトゥガナンもまた、バリ・マジャパヒト人の住宅建築の影響をまぬがれなかったことをしめしている。しかしながら、そのなかで母屋にあたるバレ・テンガーは、屋根裏を各家用のコメの収納場所にあてているのである。母屋はこうした穀倉の下に、高さ八〇センチメートルほどの床をはって、生活空間にしている。屋根裏のコメの出し入れは、通常の穀倉のように、屋根の破風に開いた扉をとおしておこなっている。


Wongaya Gede の家屋 Uma の平面
Bali

TERUNYAN 1991
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali

TENGANAN 1985/1991
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali

BUGBUG 1985/2005
Bali
Bali

PENGLIPURAN 2005
Bali

BAYUNG GEDE 2010
Bali
Bali
Bali

WONGAYA GEDE 1986
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali

UBUD 2005
Bali
Bali
Bali

SUKAWATI 2016
Bali
屋敷の門 Angkul-angkul
Bali
門から直行をふせぐ照壁のAling-aling
Bali
門をくぐると最奥にBale Daja(北)、手前右の建物がBale Dangin(東)、左にBale Dauh(西)、さらに手前右にJineng(米倉)、左にPaon(炊事場)がみえる
Bali
門に向かって
Bali
現在は米倉のJinengに稲米を収納することはあまりない。Dewi Sri(稲の女神)の祭祀場所として、あるいは家の格式の象徴として残されている
Bali
Bale DanginまたBale Gedeともいう。削歯、結婚などの人生儀礼の場
Bali
12本の柱があることからBale Saka Roras(12本柱の建物)とも称す
Bali
Bali
Bale DauhまたはBale Lojiともいう。主人夫婦の寝所
Bali
Bali
Bali
Bale DajaまたはBale Metenともいう。祖父母の寝所であり家宝の安置所
Bali
家寺Sanggahの門
Bali
Bali
現代Jineng諸相
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali

メモ



Balinese traditional house

Arsitektur Tradisional Bali


Bali
Bali
Barong performance at Bali Budaya House, Sukawati 2016.7.27

Bali
サトウヤシ jaka: aren、enauなどの名称でひろく呼ばれている。花序から滲出する樹液はヤシ砂糖やヤシ酒、酢の原料になるほか、幹のまわりに生じる黒い繊維をijukといい、箒にしたり縄に編む。ijukは屋根葺材として最上級、きわめて耐久性の高い屋根ができる。半割りした幹は雨樋の代用に、中身のサグや若芽、種子は食用になるなど捨てるところなく利用しつくされる。唯一の難点は、鬱蒼と生い茂る葉のため、ココヤシやロンタールヤシのように集落内に植えられないこと。これはサゴヤシも同様だが [Arenga pinnata]
Baliボルネオのjakaは別物 [Arenga undulatifolia]
Bali Arenga
NAMA DAERAH: Bak juk, Bak jok (Aceh); Pola, Paula, Bagot, Agaton, Bargot (Batak); Anau, Biluluk (Minangkabau); Kawung, Taren (Sunda);Aren, Lirang, Nanggung (Jawa); Jaka, Hano (BaIi); Meka (Sawu); Moke, Huwat (FIores); Akel, Akere, Koito, Akol, Ketan (Sawu); Inru (Bugis); Bole (Roti); Seho (Ternate)
Bali Banyu Bening


petung : 生長すると直径30cm、高さ30mにも達するという巨大な竹。肉厚なため構造材やカヌーの浮木に利用される。タケノコは食用 [Dendrocalamus]

tiing : しなやかで強い性質を利用。表皮はトウに代わる結縛材として、割竹を屋根の小舞に利用する。 [Gigantochloa]
buluh :[Schizostachyum sp.]

Bali
Bali
Bali
Bali


Bali
Bali
Bali
Bali
Bali
Bali





©minpaku digital archives : 3D drawing of MAYA by Takayuki Sui @ espa
Terunyan House "Umah", Terunyan, Kec. Kintamani, Kab. Bangli, Bali, Indonesia (1991)

©minpaku digital archives : 3D drawing of MAYA by Kazuaki Kitabatake and Takayuki Sui @ espa
based on the fielddata of Haruya Kagami and Koji Sato
Tenganan House "Umah : Bale Buga (house for ritual), Bale Tengah (house for initiation), Meten (bed room), Paon (kitchen)",
Tenganan, Kec. Manggis, Kab. Karangasem, Bali, Indonesia (1985)

©minpaku digital archives : 3D drawing of MAYA by Kazuaki Kitabatake and Takayuki Sui@ espa
Balinese Village "Bale (house), Paon (kitchen), Jineng/Lumbung (rice barn)", Wongaya Gede, Kec. Penebel, Kab. Tabanan, Bali, Indonesia (1986)
[文献]

Bali Bali Bali